モンキーピークのネタバレ最新話!

人気漫画である「モンキーピーク
2016年9月から2019年9月の3年間、週刊漫画ゴラクにて連載していました。

謎の鬼猿(猿人)が人々を虐殺していく、
山岳が舞台のミステリーパニックホラー漫画

果たして最後に何人の人が生き残ることができるのか?!

モンキーピークのあらすじ

藤ヶ谷製薬は社員の団結力を深めるために、
社員全員レクリエーションで谷川岳の登山に着ていました。

レクリエーションで社員の団結を深めるために、
藤ヶ谷製薬の社員たちは谷川岳の登山に来ていました。

登山初日の夜、
早乙女がテントで休んでいると、外から音が聞こえてきました。

早乙女は不審に思い外に出ると、目の前には鉈を持った猿人が歩いています!

とっさに猿人が歩いてきた方向をみると1つのテントが。
中を覗いてみると同僚の鈴村が無残な姿で殺されていました

今回の登山中は携帯電話禁止ということで、
鈴村が全員分の携帯電話を預かっていたのですが、
全員分の携帯電話が入っていた袋が無くなっていました。

同僚が殺され、携帯電話も無くなってしまい、社員たちは不安な一夜を過ごすのでした。

翌朝下山することを決め、朝から行動を始めるのですが、
またそこに猿人が現れ社員達を次々と襲っていくのでした。

 

モンキーピーク最終話のネタバレ!

山頂で早乙女たちの戦いが繰り広げられています。

初日に襲ってきた鬼猿が火縄銃で狙っていました。

早乙女はその鬼猿に立ち向かおうとしますが、林が鬼猿の前に立ち鬼猿を庇うのです。

鬼猿を庇うことに責任を持つという林ですが、
鬼猿がしてきたことには変わらないと早乙女の怒りは収まりません。

しかし、強敵の安斎と魔猿との戦闘があるため、
早乙女が折れることでこの戦いは一旦保留になることに。

現在いる山頂は、ハシゴは落とされているため逃げ道が無く、
最終決戦の場になりそうです。

そして、ついに魔猿が早乙女たちの前に現れました。

魔猿は手始めに、鬼猿を攻撃し杭を突き刺し殺害。
そこで林が銃で狙うと魔猿は姿を消してしまいました。

どこから襲ってくるか分からない状況に早乙女たちも臨戦態勢に入ります。

再度魔猿が姿を現し林は銃を構えます。
しかし、その瞬間林は何者かに刺され崩れ落ちました。

林を指したのは田畑!
なんと田畑は魔猿の仲間であるトオルと繋がっていたのでした!

一方魔猿は早乙女たちに襲い掛かります。

絶望的な状況のなか、銃声が鳴り響き、魔猿に命中。
銃で撃ったのは安斎でした。

撃たれた魔猿は逃げ出しますが、それを林が銃で打ち抜き、魔猿はその場で倒れました。

安斎はそのまま、早乙女たちを銃で威嚇します。
まずは魔猿の仲間であった田畑を刀で切りつけ、そのまま早乙女たちも抹殺しようとします。

しかし、その間に起き上がっていた魔猿が安斎に襲い掛かります。
安斎はそのまま気絶してしまい、再び標的は早乙女へ。

早乙女は持っていた鎖により魔猿の動きを止めますが、いつまで持つかわかりません。
ただ身体能力の高い魔猿がいつ早乙女を振り払ってもおかしくありません。

危機的状況でしたが、なんと宮田が現れます!
死んでしまったと思われていた宮田でしたが、
落ちたとき警察官の死体の上に落下し一命を取り留めていたのでした。

宮田は早乙女に加勢し、2人で鎖により魔猿の動きを完璧にとめることに成功。

このチャンスを見逃さなかった佐藤は、火縄銃の火薬で魔猿を攻撃をしかけます。

その攻撃で佐藤の右手が吹き飛んでしまう重症を負いますが、
魔猿の頭の一部を吹き飛ばし、魔猿を倒すことに成功しました!

危機が去り皆の無事を確かめます。

まずは林の介抱をしますが、服毒していた毒がまわりもう助けることができません。
林は早乙女に、自分達がやってきたことを世に広める語り部を託し息を引き取りました。

その後、早乙女たちはトランシーバーで救助を呼ぼうとしますが、
目を覚ましていた安斎にトランシーバーを奪われてしまいます。

安斎は早乙女たちを皆殺しにして自分だけ生き残ることを伝え勝ち誇りますが、
宮田が隠し持っていたもう一つのトランシーバーにより警察に会話が筒抜けだったのです。

自分の計画が警察にバレてしまい動揺する安斎。
そこに早乙女がタックルで攻撃をしかけます。

ふたりはその勢いで谷へ落下してしまいました。
落ちた先にはハシゴの破片が!

安斎はそのハシゴの破片が背中に刺さってしまいますが、なんとか意識が残っていました。

安斎は最後の力を振り絞ります。
その力で早乙女に襲い掛かると思いきや、視界に入った逃げようとする田畑に向かい石を投げます!

それが見事田畑に命中し倒すのでした。
そして安斎は満足気な顔をしながら息を引き取るのでした。

その後、ヘリコプターにて救助隊が到着。

早乙女は救助隊が来たことに安堵し、意識が遠のきます。
意識が遠のく刹那、父親の幻影が現れ早乙女を励ますのでした。

その父親の励ましで目を開けると、山の向こうには富士山が見えたのです。

数ヶ月が経ち。

早乙女と佐藤はベンチで話をしています。

薬害被害者のサイトが出来ており、1億円以上の寄付が集まっていました。
早乙女はその金額の大きさに驚きを隠せません。

そして、山で意識が遠のく中、父の幻影が励ましてくれたことを佐藤に話します。
改めて“生きる”ということの難しさを語るのでした。

そこに宮田が現れます。
そして、早乙女と佐藤が手を繋いでいることに気づきました。
二人は宮田に気づき、お互いに顔を赤らめます。

二人はあの事件後から付き合っていて、
宮田は二人と肩を組み、喜び、祝福をするのでした。

そして3人は、山で起きた事件の体験記の打ち合わせに向かいました。

場面は岩砕山へ。。。

そこには、血まみれの鉈が2本と近くには大きな足跡が。

そして、被害者の会のサイトのコメント欄にはこんな書き込みが。

猿を怖れよ 猿はまだいる 警告する 猿を怖れよ 猿はまた現れる

 

モンキーピークは実話?

最後までハラハラ・ドキドキする目が離せない展開でしたが、見事に完結しましたね!

最後の描写や、意味深なコメントがあり、“続編があるのでは”と完結直後から噂されていましたが、
続編“モンキーピーク the Rock”が連載で始まりましたね!

大人気のモンキーピークですが、薬物被害の復讐って、実際にありそうですよね?
実話なのではないかと思い調べてみました。

結果から言うと実話ではないようです!

ただ、実在したエピソードが作中に盛り込んであるそうです。

“谷川岳(たにがわだけ)”世界一の事故死者を出している山や、
“2011年ノルウェーテロ事件”などがあげられます。

世界一の事故死者を出している山“谷川岳(たにがわだけ)”
事故死者数世界一である谷川岳。
1931年から2012年の間で805名の死者を出しているそうです。

「魔の山」「死の山」とも呼ばれているそうです。

“2011年ノルウェーテロ事件”
2011年にノルウェーのウトヤ島というところで起きた、銃乱射事件。
死者77人。負傷者100以上。
これは単独犯行で、世界最大の短時間大量殺人として記録に残っています。

これらの実在したエピソードが盛り込まれているため、
実話なのではないか”と疑ってしまうのも、無理はありませんよね!

モンキーピークの登場人物、ネタバレ有り

早乙女

この物語の主人公。

若手の営業ですが、実は人付き合いが苦手。
ただ学生の時はよくケンカをしていてとてもやんちゃでした。

学生時代のこともあり、鬼猿や相手には臆することなく挑んでいきます。

しかし、過去には登山中に父親を亡くしています。
登山には嫌な縁がありますね。

佐藤や宮田と協力し、なんとか生還し下山することができました。

佐藤

序盤ではみんなの先頭に立ち、引っ張っていました。

しかし、途中で嵌められて犯人に仕立てあげられてしまいます。
その時にちょうど鬼猿に襲われてしまうのですが誰も助けに来ませんでした。
それにより人間不信に陥ってしまいました。

そして道中では、佐藤が鬼猿と繋がていると考えた南に、鬼猿と戦えと脅され殴られます。
佐藤は勢いで南を蹴り飛ばしてしまい、そのまま南が崖下に落ち殺してしまうのでした。

序盤から損な役回りの佐藤でしたが、
12巻では魔猿の撃退などで活躍をみせ、早乙女達と無事下山をすることができました。

宮田

早乙女とは会社の同期であり、中学時代の同級生。
昔からの知り合いであり、とても仲がいいです。

鬼猿に襲われたときにみんなを救うために行動するなど、
とても仲間思いな一面があります。

10巻までは難を逃れてきましたが、投石が頭に当たり崖下に落ちてしまいました。
これにより宮田は亡くなってしまったと思われていました。

しかし、12巻で再登場。
実は生き残っており、最後は早乙女達と無事下山することができました。

安斎

学生の時にアメフト部に所属していた過去があり、強靭な肉体を持っています。
それもあり、唯一鬼猿以上のパワーを持っていました。

物語序盤から、社長の右腕としてリーダーシップを発揮!
とても頼られる存在です。

責任感が強いということもあり、みんなを守りながら鬼猿に立ち向かいます。
しかし、仲間の数が減っていくと次第に心境の変化が。
なとか自分だけ生き残ることはできないかと、考え始めます。

しかし、一人で生き残る計画もバレてしまいました。

12巻(最終巻)では、早乙女と最終対決。
山頂から早乙女のタックルを受け、二人は崖下へ。
安斎は致命傷を負って無くなってしまいました。

穏やかな性格な反面、芯があるような性格。

もめ事が嫌いということもあり、ケンカが起きると間に入って仲裁をするなど、
見た目によらず強い意志を持っていることが伺えます。

早乙女や宮田と歳が近いということもあり、よく一緒に行動しています。
しかし、実は林は鬼猿の協力者だったのです。

そして、なんと林は長谷川部長の実の娘であり、
弟を薬害で亡くしていました。

そんなこともあり、目的は長谷川と一緒に、薬物被害を出した藤ヶ谷製薬への復讐でした。

復讐を果たしたら、みんなと一緒に山で死ぬつもりでした。
しかし、一番最後までは生き残らず、毒によって最期を迎えてしまいました。

長谷川

とても人望に厚い長谷川。
社員達にはとても慕われている人物です。

3巻で行方不明になるのですが、9巻で再登場!

みんなに慕われていますが、実はなんと鬼猿の内通者だったのです。
人望も厚いので、ほんとうに意外でした。

実は、林の実の父親が長谷川であり、
自分の息子が薬害によって亡くなった過去があります。
その息子の復讐の為、林や薬害被害者たちと一緒に藤ヶ谷製薬への復讐を考えたのでした。

長谷川は、薬害の事をもみ消した張本人である安斎に襲い掛かりますが、
腹をナイフで刺され、左腕は切り落とされてしまい、自分の手で復讐を成すことはできませんでした。

氷室

自分のことしか考えず、自分だけ助かれば他はどうでもいいという考え方。
その為、自分が助かるために度々仲間をおとしめる発言や行動をします。

鬼猿に殺されたと見せかけ、辻を撲殺してしまったり、
疑いの目が自分に向きそうなときに、早乙女と佐藤が鬼猿の仲間だと発言したりしました。

他人に恨まれるような行動が多かったのでその報いなのか、
最後は魔猿によりのど元を噛み切られ絶命するというむごい殺され方をするのでした。

飯塚

常に、どうやったら自分だけ助かるかを考えている、とても計算高い男。
それは氷室と同じく、自分が助かれば他はどうでもいいという考えでした。

なので、みんなで分け合うはずの食料や飲料などを盗みむなど、裏で卑劣なことをしていました。

そんな卑劣な飯塚は、鬼猿の仲間だと判明した復讐に燃える長谷川により、
崖下に落とされ息をひきとるのでした。

八木兄

妹と登山をしていて、早乙女たちと出会った登場人物。
藤ヶ谷社員以外の部外者による協力な助っ人。

助けを呼ぶため、翌朝から下山を計画するのですが、
その前日に鬼猿に襲われてしまい妹が殺されてしまいました。

そんな経緯があり、八木兄は鬼猿に復讐するため、
早乙女たちと行動する事を決めました。

山に精通していることもあり、
鬼猿との戦いを有利に進め、鬼猿を2匹倒すなどの活躍を見せます。

ただ、身体能力が異常に高い魔猿には敵わず、がけ下に落とされ息を引き取りました。

富久(社長)

体育会系なところがあり熱い男。
社員からの人望もあります。

弓猿の攻撃で矢が腹部に当たり瀕死状態になります。
自分はもう長くはないと悟り、缶詰の毒見を名乗り出ます。

缶詰は危惧していた通り、鬼猿によって青酸カリ入りにすりかえられていて、
それにより亡くなってしまいました。

感想・まとめ

作品全体を通して思ったことは、
人は追い詰められれば追い詰められるほど、それこそ生きるか死ぬかまでいったときに、
本性が出てくるものだと思いました。

この作品でいうと、
安斎や氷室などは自分だけ助かればいい。その為には他の人の死もいとわないということ。

長谷川や林は近親者が亡くなってしまい、その復讐の為に大量殺人を行う。
ただ自分なりの正義があり、復讐後は償いも含めて自分も死のうと考えていたこと。

早乙女や佐藤、宮田は自分が辛くても周りと助け合い皆で生き残ろうとすること。
場合によっては、自分を犠牲にして皆を助けることも。

それぞれの思いや信念があり、かなり見ごたえのある作品でした。

もし自分が追い詰められたときにどのような行動を取るのか、、、
本当に生死がかかったときに、早乙女たちと同じような行動ができるのかと考えると自信がないようなきがします!

あなたは早乙女たちと同じ行動はとれますか?

タイトルとURLをコピーしました